電気サンタクローススキー 2004

もう2005年1月になってしまったのであるが、昨年のクリマスマスもアレコレと宣伝が 凄かった。

サーチエンジンで有名な(?)MSNやExcite「なにが何でもクリスマスは恋人と一緒に」というような広告をバンバンと張り付けられていて、何か異様なものを感じた。
いまでも出会い系の宣伝が凄く、「結婚力を診断」という言葉をみて「スゲェ診断だのう」と驚くばかり。
昨今、負け犬などという人の表現があるが、クリスマスに合わせてかような人心を煽るというのはイエス様もあぐねいているのではないだろうか?


さて、毎年ではあるがフィンランドのこの御人も偽者の増加に困り果てているかもしれない。

毎年、恒例?!ではある「サンタスキー」も12月クリスマス前の週末に富士山の麓にあるスキー場「イエティ」にて展開した。
今回は予定したメンバーが揃わず開催が危ぶまれもしたのであるが、そこは人脈を駆使して最低限にして最大のストレンジャ-を結させるに至った。(こんなバカげたイベント、本当は参加したくないのかもしれない)
タイトルにもあるとおり「エレキ関連」の職業の仁ばかりを集めた実に珍妙なサンタクロースsとなった。だからといって特に変わったことをするわけではないのだけれども。(存在はアブナイかも)


昨年は人の少ないナイターにゲリラ戦を繰り広げたのであったわけだが、今回は昼間なので人目につく事この上ない。
まぁそれを狙っているフシもないではないが、そこはそれ。タンマリとお菓子を白いサンタ袋に詰め込んで滑れば女子供には「サンタさん、プレゼント頂戴〜!」となるわけね。
こういうことは「踊るあほうに見るあほう〜」ってなわけで、ノリまくったモン勝ちでしょう。

今回の成功に気を好くしたので、来年はトナカイスーツを購入しようかと企んでいる。



広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー