アルト祭り



 クラッチがなくなりつつあるアルトで今年最後のジムカーナに参加してきました。
 場所はいつもの平塚レジスタンスジムカーナ練習会です。

 今回はいつもとちょっと違います。
 練習会でも「非常な腕前」の方々にアルトをドライブしていただくというイベント「アルト祭り」をするところにある。
 その方々というのはMR2(SW20)でおなじみの白井氏と加藤氏の両名である。
 どちらも腕自慢ではあるのだが、どのようにしてナンパしてきたのかといえばこれは簡単。呑み会で意気投合しただけであったりする。
 
 さて今回のコースはこれだ。

 コテコテの関東系ジムカーナですな。でもコースのリズムを掴むと覚えるのは簡単。

 で、まずは午前の祭りの結果を並べてみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
      1st   2nd
加藤氏  40.219 39.997
白井氏  39.641 39.126
響氏   39.475 40.794
ワタクシ 39.204 38.834
ーーーーーーーーーーーーーーーー
二人ともミッドシップからFFの軽自動車に乗り換えただけとはえ、エグいタイムを出すものですね。
それにして皆さん僅差であるというところが驚くべきところでしょう。
タイムは計測できませんでしたが西ちゃんも乱入してきて特盛りに盛り上がる。

 午後もまた祭りは続くわけで
ーーーーーーーーーーーーーーーー
      1st   2nd
西山氏  42.307 42.093
白井氏  42.551 65.246
ワタクシ 43.986 43.490
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 同じアルトで1秒以上も離されるってどういうことなんでしょうか?! 
 やっぱりこれが実力というものに他なりませんな。
 ところで白井氏の2走目が遅いのにはワケがありまして、この走行時にアルトが加速しなくなっていたのですよ。
 アリま。何かトラブルか? というところでソロソロとクルマをパドックに戻してきて確認をしました。
 アイドリングが不安定で吹かしてもボソボソとエンジンがキレイにまわりません。
 点火系のトラブルかな? プラグコードを抜いたり、プラグをチェックしたりしてみました。
 プラグからは火花が飛んでいるのですが安定しないということは、コードが弱っているとかリークしてるとかそんなもんでしょうか。予備のプラグコードがないので隣のカプチーノから拝借しようと思ったのですが、K6Aを積むカプチーノのプラグコードはF6Aのあるとには取り付けられない。残念。
 ちゃんとまわらないエンジンで80kも自走帰宅するのはちょっと困難です。そこで近くのスズキに持ち込む事にしました。
 スズキに持ち込んでも部品がないだろうからということで、横浜に来ていたカミさんに電話で迎えに来てもらう事にしました。

 スズキアリーナ湘南ひらつかに訪ねてみると工場長が非常に丁寧に対応して下さいます。事情を話すと早速様子を見て「プラグコードのリーク」という結論になりました。
 プラグコードとプラグの交換ということになったのですが、そのお値段をが「大体1万5千円位ですね」と。
 一瞬、固まりましたよ。プラグとコードの交換でそんなにするの? でもディーラーの整備だと工賃がその半分くらいを占めますからそんなモンかもしれません。
 プラグコードがだいたい5千円ということでコードの交換のみにしてもらってプラグは自分で交換することに。
 これで工賃込みでだいたい1万円にまでなりました。先日の 「呪いのLSD」 でお金を使っているのでこれ以上の出費はなんとか控えたい。しかし、平塚のスズキと仲を悪くすると今後もどうかと思うのでここいらで収めてもらう事になりました。
 
 迎えにきたカミさんのクルマで「(´・ω・`)ショボーン」ですよ。
 もともと交換するつもりであった点火系がここでトラブったということは、問題を認識していたのに手をこまねいていたということですよね。実に悔しい限りであります。
 しかも次の週末にはアルトを引き上げにいかなきゃなりません。その後はクラッチ交換もせにゃならん。

 まったくハナシのネタが尽きないクルマですな。

 



  
もどる
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー