センスとスキル 湘南ジムカーナ第四戦



 ベランダのゴーヤは実がなるものの、それ以上大きくならないくらいに秋めいてきた今日この頃。湘南ジムカーナ第四戦に参加してきました。

 ウチのアルトでがんばって走っても入賞はまずありえない・・・ し、縦しんばそうなったとしたならナントカRとかを作っている自動車会社のヒトやそれを買って競技に参加した方々から「何をされるか」わからない。
 しかるにここは穏便に「僕無実」であることを証明することが何よりである。
 そんな心配を他所にコースは直線ばっかりのレイアウトだったので、排気量の大きいクルマが圧倒的速い。ウチはといえば「ハンドルを握って漕いでいる」ような走り方だ。
 
 さて、今回はオドロキな方と出会ったのですよ。
 「オマエだけでも十分衝撃的だ」と仰る諸兄の言い分もわからなくはないです。いや、告白すれば今回も「酔猫庵さんは県戦とかに出ないんですか?」などとマジメな顔で聞く方がおられるのですよ。
 そうじゃなくって、衝撃的なのはヒトで りょーちゅさん というアルトワークスを駆る方であります。
 DIYでチューニングされているのは我々とそう大きくは変わらないのです。
 ところがジムカーナ初参加の今回、いきなりサイドターンをバンバン決め、ちょっとしたミスもリカバリを冷静にこなす。サイドターンってそんなに簡単に出来るんでしたっけ?  柔軟な対応力と二の足を踏まない度胸、若いから? いやそうじゃなくってセンスってヤツでしょうか。 見た時に「これはかなわない」と感じました。
 「歳をとった」といえばジジ臭いです。スキルは練習次第で伸びます。が、センスだけは練習してもそうは得られないですよね。アムロ的なものを感じました。



 FWDクラスの優勝は横田さんが圧勝です。今回3位にはスイフトの響さんが入賞。
 一緒に耐久レースをやってきた響さんが表彰台にのぼれたことはワタクシも大変嬉しいです。


 RWDクラス優勝は増岡さんです。
 ウチのアルトに部品を譲って下さった増岡さんの優勝もまた嬉しいです。


 今回ワタクシは特別賞のような特別はなかったのですが、抽選会で賞品を頂きました。
 写真のウィスキーがそれです。チームクレセントの会長白井さん提供のウィスキー「クレセント」。チーム名と同じ名前のウィスキーを白井さんから押し頂けるとはコレはなにか縁を感じます。ちなみにこのウィスキーは完売品なので現在は入手できません。白井会長には感謝です。
 ブリジストンのタオルは景品です。今回は日産サティオ湘南がスポンサーについておりますので、サティオさんからの提供だそうです。素晴らしいですね。


 レジスタンスの会長様に挨拶頂きました。


 平塚でのジムカーナに参加始めてからもう10年以上経ちます。たしかワタクシが学生時代の頃から来ていたような気がします。
 このような市街地で開催出来る事自体、奇跡のようです。
 市場の背後には民家が立ち並び、隣にあったボーリング場も廃業して更地になってしまいました。
 



  
もどる
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー