練習会にある「もう一つ」の目的

 昨年10月にジムカーナ練習会に参加して以来、アルトとはすっかり遠縁となっておりました。
 三月も末になってジムカーナの練習会があるからということで5ヶ月ぶりにアルトを引っ張り出してみるとセルがまわらないのである。
 電池電圧を測ってみると12.3Vしかない。正常なバッテリーなら14Vくらいはあるもんだ。
 つまり「電池切れ」ということである。近所のホームセンターで¥4,980で電池を購入して入れ替えたらまったくノープロブレム。 オーヨカッタ。

 土曜日は練習用のネオバに履き替えて一時的な値下がりをした高速道路で平塚まで移動してみる。
 以前、格安でETCを導入したので今回の「どこでも¥1,000」の恩恵を受けられるのはラッキーなのだが、またしても問題は発生した。
 高速道路を85km/h以上出して走るとフロントからトンでもないバイブレーションが発生するではないか! そーいえばネオバのホイールについていたバランスウェイトが取れちゃっていたっけ。
 だからタイヤのバランスが崩れてとんでもない振動が発生するのね。速度を押さえて走ればこれまた問題ナッシング。(いいのかなぁ?)

 練習会は日曜日なんだけれども、なんで土曜日から平塚に入るのかといえば、それは「酒を飲む」ために他ならない。
 チームレジスタンスの会長ご夫妻と平塚の焼き鳥屋 「焼丸」 に行ってみた。
ホットペッパーにもまったく評価のないお店なんだけれども、平塚の隠れた「いいお店」である。 
 焼き鳥はもちろん美味しい。半熟うずらの卵なんて最高です。
 牛レバ刺しは実にまろやかであり、鳥料理以外もイケます。
 また九州の焼酎も東京ではあまりみかけないものが多数並んでおります。
 おもしろいのはメニューにない料理を作ってくれることでしょう。この日はナポリタンが〆でした。
 大将は話好きなので一人で行ってもいいかもしれません。念のため電話してからにしたほうがいいかと思う。

 いつもだったら飲んだあとは自宅に帰るのだが、駅前に出来たばかりの東横インを予約しておいた。
 今月できたばかりのホテルなのでお安い。そしてお祭りでもないのに何故か満室。はて?
 どうやら日曜日は平塚ベルマーレの試合で、アウェーのサポーターが泊まりにきているから混んでいるようである。
 春の平塚にそんなに観光客がいるとは思えんですからちょっとビックリ。

 ジムカーナの練習会の朝は早い。自宅出発なら午前4時には家を出るようにするが、今日はゆっくり寝られるぜ。
 いつもの平塚青果市場に到着してみると、常連さん達が既に到着していた。
  
 いつもの大先輩は全然変わらない・・  いや、いつもこういうノリで接して頂けるだけでも有り難いです。
 写真左の橘先生のCR-Xに同乗させて頂きましたが意外や意外。FFの教科書のような走りをされるのです。ワタクシのような初心者にはとてもタメになりますな。
 写真右の神定さんとはいつもプレッシャーを掛け合っています。

 
 今回はめずらしくポルシェも参加しておりました。
 自然吸気でも十分に速いです。サスペンションの動きが「高級車」ですよ。やっぱりちょっと違いますなぁ。
 走ったあと妙に焦げ臭いのはクラッチが摺れているからでしょうか?


 これは午前の走行です。スムーズな挙動は値段相応なのでしょうか? 
 シルビアとスカイラインを比べた時にサスペンションの動きがまるで違うのと同じくらい、ポルシェの足の良さが伺えます。


 また、この日はミラ・ターボもいました。

 フロントにSタイヤを履いていました。やっぱりそれくらいではサイドターンの立ち上がりはツライですな。平塚くらいだとこれくらい柔らかいバネで十分かもしれません。
 車両もパイロットもなかなかバランスがいいですね。



 そしてこちらは浜坊氏の走行。


リアタイヤをエコタイヤに換えたのでサイドターンもだいぶ決まるようになってきました。
もともとパーマネントサーキットを走るクルマなので、ジムカーナのようにサイドターンをかけるのはちょっと苦手なクルマです。それでも操るのは流石です。



 こちらはワタクシが午前に走ったときの様子。
 まぁ普通のオープンデフ車の動きですな。



こちらは浜坊氏 午後 スターレットでの走行の様子。




 そして同じく浜坊氏がアルトで走行した時の様子。




 そしてワタクシの午後三連発ですな。

 今回も浜坊氏とワタクシとのイコールコンディション・ジムカーナバトルを行なったのです。
 その結果は・・
       1st    2nd
 ワタクシ  29.055  28.917
 浜坊氏   29.350  28.740

 というわけでまたしても浜坊氏に僅差で負けてしまいました。
 ジムカーナでは浜坊氏とは五分五分どころか、よもやかなわない感じがします。


 今回のジムカーナ。参加者のレベルが高めですねぇ。みなさんサイドターンくらいは上手に決めて当たり前。ライン取りやアクセリングに注意するくらいのレベルの参加者が多いのが特徴でしょうか。
 ワタクシのようにオバちゃんの買い物車で参加するのもどうかと思うこともあります。
 そりゃ5ドアのアルトではどこにいっても表彰台は難しいでしょうし、これ以上技量の向上は大きく望めないかもしれません。
 じゃぁなんでジムカーナするのかといえば、それは「自在にクルマを操縦できるようになった」からじゃないかと思うのです。それともう一つ。「沢山の仲間がいる」ということでしょうか。
 レースに仲間は不要と考えるかたもいらっしゃるかもしれません。でもこの練習会で沢山の方と親しくなって、そして様々な知恵や物質的援助まで頂けたのは、やっぱり「世の中、金だけじゃないかもね」と想わせるところです。

 次回はアルトで成田サーキットに行ってみたいと思います。




もどる
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー