藤崎自動車再生へ



<宝探し編>
 トディはクラッシュしてしまい、その後はニューカー(もちろん中古)を探しておりました。
 しかし悲しいかな。軽自動車耐久レースが流行ってからはトディの玉数が極端に少なくなりました。
 オークション出入りのブローカーや中古車屋、知人にも「トディのマニュアルない?」と聞き回りましたがまったく見つかりません。
 たった一年前にイラン人から7万円で購入できたのは奇跡だったのでしょうか?

 いや無いわけではないのです。

 筑波の田んぼの真ん中にある無人中古車屋にはこういう金額の物もあるのでが、惜しいかなオートマなんですよ。
 そこで頭を切り替えてトディではなく他車にしてみよう!ということでヤフオクとにらめっこしました。
 そしてなんとたったの5万円で落札できた軽自動車があったのですよ。

 
 アルトだ。
 平成7年のHA11S。5ドア、5速マニュアル、パワステ、エアコン、パワーウィンド、キャブで実走8万キロちょい。
 車検は切れているがど〜みてもオバちゃんの買い物用に使われていたので大きなヘタリは見当たらない。
 出品者側で車検をつけて合計¥86,000で即決。

<納車の嵐>
 軽自動車なので名義変更は自分でやったほうがお得。
 夏休みは軽自動車検査協会も営業しているんで会社を休まずに手続きに行けます。
 サクッとナンバーを取得して車を引き取る日程を調整しました。

 車両引き取りは午後8時に出品者の元に向かう事にしました。
 その日はフツーに仕事だったので定時後に電車で向かう。
 ところが小田急線に乗り換えたところから大雨に。途中二度も落雷で電車が停電してしまい動かなくなる。
 電車が動かないと納車に行けないので本当に困る。早めに出発していてよかったけれどさ。
 それでも約束の20分遅れで到着。
 嵐のような風雨の中でナンバープレートを付け替えて東名高速で帰宅する。雨で視界がすこぶるよくない。
 こんなに苦労する納車は初めてだ。

<ドナドナ編>
 トディから使えるものを外して解体屋に投げる。


 午前中でストラットを入れ替えロールケージとシートを外す。

   近所でお世話になる解体屋 ビッグエイトに持っていく。ここは以前にセルボを廃車するときにも利用した解体屋だ。
 インターネット上から費用の見積もできるし、仕事も丁寧なのでとてもいい。
 ちなみにお値段は2万円程で買い取ってもらった。


<棚からボタモチ編>
 アルトも購入したままではサーキットを走行するのには不足である。
 そこで最低でもサスペンションとタイヤだけはなんとかしなければならない。
 タイヤはトディのものをそのまま利用出来るが、サスペンションはどうにもならない。
 まともに購入すると車両価格よりも高価になりそうな予感。
 そこに現れたのが青いカプチーノを駆るM岡氏から
 「オマエが落としたのは金のオノ、銀のオノ、アルトのショックのどれかね?」と。
 ハイハイ! アルトのショックです!!
 ということでなんと夕飯代でアルトのショックを譲ってもらえることになりました。

 前後ショックにタワーバーまで。。
 しばらく八王子方面に足を向けて寝られません。


 これで藤崎自動車の復活が約束されたわけですな。
 次回はアルトの改修をお届けしたいと思います。 
 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー
 
もどる