660ccという幻影

 今日はイラン人から7万円にて購入した4WDのトディの状況をチェックします。

 現在は
(1)Today RZi 平成元年式 JW2 駆動方式:FF
(2)Today QXi 平成3年式 JA3 駆動方式:4WD

 の二台が存在する。
 まずはボンネットを開けてみて、エンジンルームのチェックからなわけで・・・

 
(1)Today RZi 平成元年式 JW2 駆動方式:FF      (2)Today QXi 平成3年式 JA3 駆動方式;4WD

あんまり変わりのないエンジンルームの様子ですねぇ。
ヘッドカバーが黒の結晶塗装から、ただのクリアに変更されていますね。コストダウンのためでしょうか。
平成3年といえばバブルの時期ですから、ビートやNSX辺りが登場した頃ではないでしょうか。
ということは4WDのトディも「バブルのクルマ」と言える・・・ わけないですね。

コストダウンされたと思われるヘッドですが、実はこの時期のトディは結晶塗装されるはずなんだそうです。
その後にコストダウンで結晶塗装は止めになったらしい・・・。

平成3年式で走行距離7万キロ超えというのはウソだと思っていたが、どうも本当らしい。
実はオイル交換履歴が残っていて、それを読んでいくと距離に誤魔化しがないのでありますよ。
距離に誤魔化しがなく(メーターの巻き戻し)、エンジンが微妙に違う。
しかもフロントのクロスメンバーが取り外された形跡が見られるので、実はエンジンを途中で積み替えたのではないかと。
もちろん想像ですがね。

プラグは当然キレイでした。
キャブ車に長く親しんでいたせいか、何もしなくても綺麗なプラグを見ると「コンピューター制御のエンジンってスゲーなぁ」と思ってしまいます。
オイルキャップを外して覗いてみるとカムとロッカーが見えました。だいぶオイルのスラッジ等が付着しています。
まぁ、走行距離と車齢からすればそんなものという程度で納得しましたが。



 続いてはラジエター液の様子です。
 ラジエターキャップを外して冷却水がコーヒー牛乳色だとオイルが混じっている証拠なので、ほぼ間違いなく廃車なんですが、これは大丈夫でした。
 ただ、近いうちに冷却水も交換しないといけませんな。


次はブレーキフルードのチェックです。
随分とフルードの色が黒ずんでいました。
多分、購入してから一度もフルードを交換した事が無いのでしょう。
この調子では吸水している可能性もあるので、早めにフルードも全交換をしないといけませんね。




続いてはエアクリーナーです。
そんなに汚くはないですね。もっともこちらはフィルタリング後の面ですから・・


こちらはフィルタリング面です。
ちょっとだけ黒ずんでいます。
ブローバイで真っ黒な白いトディとは当然違います。


ホンダの軽自動車特有のウィークポイントはディスビですね。
最近のクルマにはディストリビューターが付いていない様ですが、
旧車のトディにはディスビもコイルもちゃんと付いています。

このクルマも若干のオイル漏れを起こしています。
ここには写真で用意していませんが、ディスビキャップ内は綺麗でした。
防水対策も以前より良くなったような感じがしました。

続いてはFF:4WDのリア・足回りの相違を見比べてみましょう。


(1)Today RZi 平成元年式 JW2 駆動方式:FF
 トーションビームのリア周りです。シンプルな足回りでワタクシは好きです。

(2)Today QXi 平成3年式 JA3 駆動方式:4WD
 こちらはストラットになります。
 写真ではわかり難いですが、トディのリアデフは心配になるくらいに小さいです。
 農耕機用なのかと思うくらいですよ。噂ではホンダのCR-Vにもこのデフが使われているらしいです。
 どうでもいいですが、錆びたマフラーがいい感じです。そのうちにもげるでしょうかねぇ。
 やはり雪国出身の為か融雪剤による錆は致し方ありませんね。


加速性能の確認
 せっかくFFと4WDのトディが二台あるので、加速性能の違いを見る事にしました。
 近所の港湾地区にある直線で電柱4本分の距離をヨーイドンでスタートしてタイムを計ります。
 もちろん4WDのトディの方が、排気量も大きいし、運転しても「トルクあるなぁ」と思わせる程なので、
 この時までは4WDのトディの方がFFのトディよりも速いに決まっているだろう。と思っていました。
 しかし結果を見てみると・・・

(1)Today RZi 平成元年式 JW2 駆動方式:FF     11.86秒
(2)Today QXi 平成3年式 JA3 駆動方式:4WD    11.82秒

・・・・ダマされた!
という結果になりました。
フィーリングって恐ろしいですね。
確かに乗った感じでは660ccの4WDの方が加速性能に優れているという感じがします。
しかし、実際に計測してみると差がありません。
もちろんタイヤも違うし、最適な加速をしたかというと自信が持てない。
何回か計測してみてその結果から性能を見分けるべきなのかもしれないが、なんだかこの結果だけで再度試す気が失せてしまったのである。

想像するに
 550cc+110cc-4WD = 550cc
 という式になるんじゃないかと。
 つまり何も変化していないということに・・ なるのか。。

もどる

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー