トディとビート
 いつもトディのデータ測り採っていたが、他の車が一体どのように走っているのか少し気になる。特にウマい人は。
 というわけで車格が出来るだけ近い車のドライバーにお願いしてデータを採らせてもらった。
 お願いしたのは
ビートの橘名人(JAFに永久に名前が乗る方)
スターレット・ターボの浜坊氏(セルボの前オーナー)
  ビートの越前谷氏
 のお三方である。
 腕前も車の性能も申し分ない方々ばかりである。かような車(人)とトディを比較して果たして良いのだろうか?
 
 しかし残念な事にトディ以外の車でデータがそこそこ採れたのは越前谷氏のビートだけであった。やはりデータをキチンと採る為にはセンサーの設置などをしっかりしなければならないのであるが、他人の車にそうもホイホイと出来るワケではないので難しい。
これは午後のコース図。

 そこで午後の走行データを以下に示す。



 まず、上段がトディ、下段がビートである。水色は前後の加速度。赤い線は横方向の加速度。

 START→P1の赤枠
 上段トディは前後の加速度が0.5Gにすら達しないのに対し、ビートは0.7G近い加速度を示しているではないか! ビートには運転手、ワタクシ、パソコン一式と重量ハンディもあるのに関わらずだ。確かにビートに同乗させて頂くと、あまりの加速に目ん玉が引っ込んでしまうが、それは単にトディが「遅過ぎた」だけだったのだろう。

 P1→P6の緑枠
 ターンをした後の加速である。このコースでも重要な直線部分だ。
 上段のトディは1速→2速のシフトチェンジをしているのに対し、ビートは1速のまま。しかもビートはドリフトしているようでトディよりも加速はしていない。
 なのにも関わらずP6へのブレーキングを見るとトディはビートに全く追いついていない。トディも遅いがワタクシもヘタなようである。

 P6→P2→P6の青枠
 この楕円旋回のセクションにおいてトディは2速→1速へのキックダウンと無理くりサイドターンを使っている。
 対してビートはアクセリングでもって失速する事無く旋回している。0G以下にならないという事はノーブレーキということである。
 しかし、トディの赤い線を見て頂くと1Gを超えている期間が随分と長い。対してビートはドリフトをしているので、ヨーはさほどにキツくない。

 P3→P4の黄枠
 P3で270度近いターンをしてP4に挑むのであるが、やはり下段のビートはキレイな加速をしている。
 トディはこの加速で加速し切れていない。水色線が台形となってしまっている。

 P4→P6のオレンジ枠
 ビートはこの部分からデータが存在しない。
 一方トディは最高の加速を見せている。が、キックダウンがあまりウマくない。1速→2速へのシフトチェンジですぐさまP6を迎えてしまい加速が途切れてしまう。
 P5パイロンまでヒール&トゥでかなり懸命にブレーキング。
 ちなみにP5へはサイドターンで踊り込んでいるが、その最中に2速→1速へのチェンジをしている。
 サイドターンをしながらどうしてシフトチェンジができたのかわからない。が、手が勝手に動いたのである。
 つまり
   サイドブレーキを引く → サイドブレーキを離す → 2速から1速へのシフトチェンジをする
 こんな事をいつの間にかやっていたとは。。あんまり速くはないでしょうけれども、練習の賜物かもしれません。


 この2台の結果はいかがでしょうか?
 FFのトディに対してMRのビート。前後の加速だけでも随分と違う事がわかりますね。
 トディは加速と減速が常に交互に訪れます。ところがビートはアクセリングで車の向きを変えられるので、常に加速状態となります。
 それでもトディとビートとの遅れはSTARTからP1までの区間だけで、他のセクションのタイムは殆ど変わらないのではないでしょうか。

 それにしてもワタクシは加速が下手です。キチンと加速すれば0.5Gには達するのですが、STARTやP3の立ち上がりでは0.5G近い加速は出来ていません。
 ビートはスタートの加速では0.58Gという加速を見せています。
 これを馬力換算する為に車重を仮に
 ビートの車重760kg + 人間二人130kg = 総重量890kg
 とすれば、このビートの瞬間最大車両馬力は48馬力となります。フリクションロスなんかをさっ引けば、エンジン単体でも58馬力位でしょうか。もともと64馬力というビートですから、まぁそんなものでしょうか。 ちなみにトディはメーカー希望馬力は42馬力で、実力値は25馬力だから6割程といったところです。トディは18年選手だからなぁ。

 結論
 トディとビートにはこんなにも走りの違いがあるとは知らなんだ。
 やはりFFではメリハリのある走りと、それを実現するためのテクニックが必要な様です。
 そこで考えられるのは
  加速・ブレーキング・サイドターン
 ということでしょうか。
 1速での立ち上がりでは0.5Gに達する事。
   フルブレーキングの場面では-0.6G以下のブレーキを。
 サイドターンではコケない事。
 ということですな。
 なに、普通に走る・曲がる・止まるという当たり前の動作じゃないですか。
 でも、ワタクシは未熟なので、それらをまだ完璧にこなせていない様です。
 う〜ん、精進せねば。

special thanks to...
 橘名人
 浜坊氏
 越前谷氏


もどる

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー