気弱な見積

  秘密の練習会まで残すところ一週間。
  この原稿を書いている時点ではまだインターネットに接続できていないのです。
  ということで秘密の練習会コース図はネットカフェで入手してきた。



  今回のコース図。
  それでは今回のポイントを少し書き述べてみましょう。

<午前 No.1>
 初心者には3番パイロンが難しいでしょうか。
 ワタクシなら2→3と2→5へのアプローチでしょうか。
 ここはトディで走ると多分2速から1速へのシフトダウンが混じり、逆Gのコーナリングとなるのでちと厄介。
 トディは軽量で必要以上にハイグリップのタイヤを履いているのでコーナーへのアプローチは他の車よりも有利なんですが、立ち上がりがよろしくない。というのもL.S.D.がないので立ち上がりで駆動輪が空転してしまうと前に進まないのですよ。
 となると1番と4番の立ち上がりいかんでタイムが決まってしまうのでもあります。

 という訳で午前は1→2→3の部分と4→2→5の部分がキモになってくるかと思われます。

 
  ちなみに発表されたコース図から距離等を推測して見積したタイムは21.83秒となりました。
 これは計算式から求めたタイムですが、個人的経験とカンからは23秒台じゃぁないかなと思っております。

 午前のコース
コース全長見積:182.7m
計算によるタイム見積:21.38秒
カンによるタイム見積:23秒

<午後 No.2>
 こちらも午前と同じようなコースですね。
 非力なトディは1→6→2→6→3の部分をどのように走り切るか悩みますね。
 というのも2番でサイドブレーキを引くと6→3までの部分でタイムが出せなくなりそうだからです。
 2番でサイドを引いた場合と引かない場合のタイム差を比較する必要がありそうですね。

 また、4→6→5の部分も午前と同様にシフトチェンジをしっかりできるか試される部分なので、ここはキッチリとこなしていきたいですね。

 ちなみに午後の見積タイムは24.35秒でした、これも自分の経験とカンからすれば28秒台後半から29秒台位ではないかと思っております。

 午後のコース
コース全長見積:200.39m
計算によるタイム見積:24.35秒
カンによるタイム見積:28〜29秒


<総論>
  このように考えてみるとやはりジムカーナは低速のセクションよりも高速のセクションをどのように速く走るかということがキモになってくるかと思われます。
 そりゃサイドターンは100%出来て当たり前なわけで、その上でどのようにアプローチし脱出をするか。そのつなぎの部分でタイム差が現れてくるからかなと考えます。


<私的意見>
 ジムカーナのコースが事前に発表される場合は、大抵の人はそれを眺めて自分なりの走りをシミュレートしているかと思います。
 もちろんワタクシもそうですが、さらにワタクシのようにコース図を自分で描いてみるとコース作者の意図や想いが何となく見えてくるような気がします。
 もちろん、上級者はコース図を眺めて分析した時点で自然とそのようにしているでしょう。
 ワタクシは初心者に毛が生えた程度なので、このように必死に模索をしている訳ですがまだまだといったところです。

  現在の課題は
   ・見積精度
   ・車両のリファイン(エンジンマウント関係がボロボロのためシフトチェンジが困難)

 上記の2点が問題となっておりますが、ここ半年以上の改善されておりません。怠惰だといわれれば「おっしゃるところはごもっともであります」としか返せないのですが、車両のリファインは金銭的事情もあってやはり後回しにせざる得ません。
 見積精度に関しては今回少しだけ係数をいじってみました。
 過去の見積と結果から係数を調整して帳尻があうようにしました。それでも午前で「21秒台ぃ?」という計算結果に疑問を感じます。
 もちろんコースだって過去の計測から作り出しただけなので当日のコースは見積と違うかもしれません。
 ここらへんが机上での見積の難しさともいえましょう。

 練習会は土曜日の準備からお手伝いをする事になっております。
 それでは結果をおたのしみに。

もどる

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー