デフターン


 久々に秘密の練習会に参加してきた。
前回はセルボで走ったので、今回はトディで走ると公言したのではあるが、それを破り再びセルボで走ってみた。
なにしろ、自分自身がセルボの性能を使い切れていない。俗に云う「車に乗せられている」というところか。
そう考えると前オーナーは「本当にすごいドライバー」だったわけで、手前は車が遅いことを言い訳にしていたことが露呈してしまったわけでもある。
さて、練習走行を繰り返す中に様々なことが判ってきた。判明したことを書き出してみると、、、

(1)サイドブレーキを使う180度以上のターンがうまくできない。
(2)定常円旋回においてサイドブレーキを用いた旋回が可能となった。
(3)クラッチが終わりつつある。

まずはこんなところか。
(1)についてはサイドブレーキとデフターンの組み合わせがうまく成立しないので、時々スピンしてしまう。まぁ、これはひたすら練習してものにするしかないですね。

(2)についてはLSDを効果的に利用したコーナリングかと思う。サイドブレーキを引いてリアを流してアクセルオンでドリフト走行に持ち込める。実は結構愉しい。

(3)は自走出来なくなる可能性があるのでマズイ。クラッチが調整式ならいいのであるが。。。


まぁこんなところである。
それにしてもL.S.D.がこんなにおもしろいものだとは思わなかった。トディならフロント内輪のトラクションを感じながらアクセリングしないと失速してしまうのだが、L.S.D.がはいることで内輪が空回りしないので、車をグイグイ前に進められる。
リアブレーキが効くので、タックインも簡単かつそこからアクセル踏んでドリフトコーナリングできるのは小型FF車の真骨頂でしょう。
でも、使いこなすにはもう少し練習が必要です。


当日のコースレイアウト。とにかく特訓という雰囲気である。


初心者なので当然に初心者マークを!


もどる
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー