BMW116という車


 昨年末に納車されたばかりのBMW116。
 

 初ドライブは年末箱根でした。いや、いつもはジムカーナとかサーキットで「プップー」と走っていますが、峠ではおとなしく走ってますとも。
 BMW116は街乗りよりも峠のが楽しいクルマですよ。
 その感想を書き上げてみますと、、

 旧車風味な操作系
  国産に慣れているとかなり操作系は重たいです。
  ハンドル、アクセルペダル、サイドブレーキ、シフトレバー・・
  とにかく人間の操作する部分はみな重めになっています。
  だからといって使い難いのではなく、どう操作したかハッキリわかるようになっているのが特徴です。
  これは昔のクルマに近い感覚でしょうか。ワタクシは好みですね。

 意外とイケル足回り
  高価なランフラットタイヤを履いている。
  いやそうじゃなくて、ジムカーナにもそのまま出られるくらい硬めのサスペンションがメルセデスとは違いますがな。
  ブレーキパッドも消耗しやすいがよく効くタイプと相まって峠でも存分に楽しめます。

 幅広いエンジンラインナップ
  BMW1シリーズは1.6、2、3リットルのエンジンバリエーションがある。
  さすがに1600ccではちょと不足気味なんだけれども、6速ATを使い倒すのにはちょうど良い組み合わせかも。わりとマニュアル車っぽいティプトロニックなので慣れればOK。
  排気音は結構大きい。特にアイドリング状態は深夜の住宅街で迷惑になりかねない。
  もっとも住宅密集地では乗るべきではないのかも?!

 善し悪しのある内装かも
  シートは同価格の国産車よりも断然いいです。普通に乗るだけならレカロに替える必要はないんじゃないかなと。
  ただし、内装のプラスチックは無骨な雰囲気。それがBMWなのか?
  でもチリとかみているとトヨタのがいいな。

 忙しい人向けのサービス
  BMWを単にステータスシンボルととらえるかたもおるかと思います。
  まぁそういう風にも見えるかもしれません。
  でもディーラー車検の見積を見ると各工賃が「特価」なんですよ。高い方の。
  なるほど。これなら商売も成り立つと理解出来ます。
  ただ通常の営業時間外でも営業マンは動いてくれる。
  これはこれでユニークなサービスともいえよう。

 これって新車で買える「旧車」なんじゃないかなと。
 そんな気にさせる雰囲気をもっています。
 みんなと違う乗り物を探していれば、試してみるといいかもしれません。


 
もどる
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー